SEO対策の話題ついでに・・・

タイ語とは何の関係もない話。

SEO対策の話題が出てきたので、最近見つけたこれはすごいなぁ、と思えるツールを紹介しておきます。

自分のサイトが診断できるサイトは結構ありますが、ここはかなり本格的。

 ・hanasakigani.jp

ここで、自分のサイトにリンクしてくれているサイトを調べることができます。
普通にGoogleやYahooで自分のサイト名を入れればある程度調べられるんですが、自分でも知らなかったサイトまで出てきてちょっとびっくりしました。

hirinku.jpg











ここで、自分のサイトのURLを入れて「Check!」をクリックします。
すると、自分のサイトにリンクしてくれているサイトを探しに行ってくれます。
正直かなり待ちます。2~3分待つんじゃないでしょうか。
で、結果がこれ。

hirinku2.jpg



























たぶん予想以上の被リンク数(自分のサイトがリンクされている数)が出てきますが、これは恐らく自分のサイト内のリンクを含んでいます。つまり、自分で自分のサイト内にリンクしている数も含まれています。

タイリンガルでいうと、被リンク数が495件も出てきますが、さすがにこんなにリンクされていません。自分リンクを含んだ数です。

ちなみに、表の見方は

PR:Googleページランク
OBL:被リンクされているページに含まれているリンク数(リンク集サイトだとOBLが多い)
HIS:被リンク指数・・・被リンクの重要度を示す独自の指数だそうです。

つまり、重要なのは
 1.ページランクの高いサイトからリンクされていること
 2.ただし、被リンクのページ内に大量のリンクがあるということはリンク集である可能性が高いので価値は低い、OBLは低いほど良い
 3.上記を加味してHISが高いほど良い

タイリンガルで言うと、HISが一番高いのが、Yahooです。
何と41.8です。2番目のHISが5.4(しかも自分リンク)で、自分リンクでない3番目が2.9なのでYahooのHISは圧倒的なのがわかります。

もう1つ面白いのが、「被リンク集一括チェックツール」です。
これは、自分のサイトをチェックするのではなく、自分のサイトに関連したキーワードでライバル?を含めた自分の位置を調べるためのツールです。
正直これがなかなか面白いです。
hirinku3.jpg















キーワードを入力(今回は”タイ語”)して「Check」をクリック。
さっきより待たされます。3分~4分くらい待たされました。

でも、待つだけの価値があります。

hirinku4.jpg



























これがその結果。
恐らくGoogleとYahoo(もしかしたらMSNも?)を合わせた結果の様です。
残念ながらタイリンガルは10位以内に入れませんでした。(贅沢?)

ちょっと表の味方の説明。
「被リンク数」「PR」は先ほどと同じ。
「Y!Dir」はYahooディレクトリに登録されているか否かです。
「ドメイン年齢」というのは、そのドメインが登録されてからの年数の様です。

まず、1位はTLSです。
被リンク数がすごいです。何と1万を超えてます。
ついでにページランクも5と高く、Yahooディレクトリにも登録されています。

これを見た感想としては
 1.上位20位まではかなりの確率でYahooディレクトリに登録されている
 2.ページランクは重要だけど検索順位を決める絶対要素ではない
 3.ドメインの年齢って結構重要

特に3のドメインの年齢って要素は今まで重視してこなかったけど面白い考え方です。
ドメインの年齢っていうのはwhoisというドメインを管理しているサービスで誰でも調査できます。
ちなみに、この検索結果上位50位で一番若いドメインが「タイリンガル」です。
何しろまだ1年経ってないですから。

hirinku5.jpg















「ドメイン年齢」でソートしたところ。
nintendo.co.jpが非公開ってのは面白いですが、とにかく「タイリンガル」のドメイン年齢はたった0.11です。
若い!ってなぜ0.11?単位は年じゃないのかな?

まあ、とにかくよくわかりませんが、確かに長く続いているサイトは検索結果の順位が高い傾向にあるという話は聞いたことがあります。
上位50以内のサイトでドメイン年齢が1未満はタイリンガルだけです(ちょっと自慢)。

また、niftyやplalaなんかのプロバイダーはドメイン年齢が10年を超えていますが、これは普通だと思います。
昔は独自ドメインよりも、プロバイダーのサブドメインにHPを作ることが多かったので、上位50位に入っているサイトでも10年を超えているサイトはプロバイダーのサブドメインになっていることが多いです。

それよりも、TLSです。
独自ドメインにも関わらずドメイン年齢は9.4!
これはかなり長寿の部類に入ります。
ページランクが高く、被リンク数が多い、そしてドメイン年齢も高い。
TLSのSEO対策は実に優秀であることが分かります。

あと気になったのは、Google検索ランキング1位の「Thai Language タイ語にチャレンジ!(旅行に役立つ簡単な会話)」が、このツールのランキングでは29位になっていることです。
タイリンガルよりずっと下です。

理由はただ1つ。
Yahooカテゴリーに登録されていない、ということです。
Yahooで上位に入るためにはyahooカテゴリーに登録されているということは必須事項の様です。
ちなみに、ドメイン年齢は4.2。結構長く続けているみたいです。

と、いろいろ遊べるこのSEOに役立つツールですが、使ってみて正直驚きました。
これを作った人はすごいですね。
こんな処理をしたらサーバーにもめちゃくちゃ負荷がかかります。
もしタイリンガルがこんなサービスを作るとレンタルサーバーの会社に怒られること確実です。
ここはきっと自社サーバーか独自サーバなのでしょう。





ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
タイ・ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイリンガル」本サイトへ戻る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: SEO対策の話題ついでに・・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tlin.jp/MT/MT-4.01-ja/mt-tb.cgi/164

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、タイリンが2008年10月13日 22:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TLSはSEOが良く分かっている」です。

次のブログ記事は「パソコンからタイ文字でSMSを送る方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。