TLSはSEOが良く分かっている

それほど熱心にブログを書いているわけでもありませんが、ブログランキングに参加しています。
それで時々タイ語関係のブログを覗いてみるのですが、あるタイ語関連のブログのコメント欄にTLSから相互リンクのお願いをしているのを見つけました。↓こんな感じです。

『相互リンクのお願いについて』

はじめまして突然のコメント失礼致します。

東京・大阪・バンコクにてタイ語の学校を運営しておりますTLSグループの広報担当蛯子(えびこ)と申します。

こちらのブログを拝見させていただいたところ、タイ語学習に関する実用的な情報が詳細に伝えられており大変好感を受けました。つきましては当社のHPやブログからリンクとして紹介させていただきたいと思いコメントを入れさせていただきました。
もしもよろしければこちらのアドレス(link@tls-group.com)までご連絡ください。

また代わりといっては恐縮ですがその際当社のHPをこちらのブログにリンクしていただければ幸いです。
是非ご検討のほどよろしくお願いいたします。

リンクの際にはこちらのアドレスをお使いください。http://www.tls-group.com


タイ語学習に関する情報だったらタイリンガルだって、そこそこ提供してるのに、なんで相互リンクの依頼が来ないんだー、っと別に怒っているわけではないのですが、気になったのでGoogleで「TLS + 蛯子」で検索してみました。

すると、そこかしこで相互リンクの依頼をしていることが分かります。
そんなことは別に良いのですが、TLS広報の蛯子さんはSEOが良く分かっているなぁ、と感心したのでちょっと書きたくなったわけです。

SEOってほとんどの人は知らないと思いますが、Search Engine Optimizationの略で、簡単にいえば「検索エンジン対策」です。
Googleが登場する前までは、yahooによるカテゴリー検索が普通だったのですが、最近はGoogle, Yahooによるロボット検索が一般です。そこで、検索エンジンに引っ掛かりやすくなる為のテクニックが重要になって来ました。それがSEOなのです。

で、なぜTLSはSEOが良く分かっているかと言えば、検索エンジン(特に世界で最大シェアを誇るGoogle)に引っ掛かりやすくするための条件として

 ・同じ分野(ここではタイ語)のサイトから大量のリンクがあるサイトは良いサイトである

があるからです。
タイ語とは関連性のない例えば「芸能ニュース」とかのサイトからリンクをもらってもGoogleは評価してくれません。
つまり、タイ語関係のサイトから大量のリンクをもらうことは検索エンジン対策に重要なことなのです。

で、TLS広報の
蛯子さんが良く分かっているのは、コメント欄の最後の1行です。

リンクの際にはこちらのアドレスをお使いください。http://www.tls-group.com
これです。
私はクリックしてTLSのサイトを見てみました。
・・・どこにもリンク集なんてありません。
はて、相互リンクでは?

そこで、片っぱしからサイトをクリックしてみると、ようやく見つかりました。
「TLSスタッフブログ」の中です。

つまりこういう関係です。

「タイ語関連のブログ」→「TLSのトップページ」にリンク
「TLSトップページにはリンクなし」->「TLSスタッフブログ」->「タイ語関連のブログ」にリンク

ここで重要なのは「ブログ」にリンクを貼ってもらうということです。
リンクを貼ってもらうページはどこでも良いわけではありません。
Googleツールバーをインストールしている人なら知っていますが、「Googleページランク」というものがあります。

このページランクというのは、同じサイト内でもページによってランクが違います。
例えばタイリンガルではトップページはページランク3ですが、中のコンテンツは基本的に2です。
ちなみに、このブログも2です。

通常はトップページのページランクが最も高くなります。
リンクを貼ってもらう場合に重要なのは「ページランクの高いページからリンクを貼ってもらう」ことです。
誰も見ないリンク集からリンクを貼ってもらってもGoogleは評価してくれません。

そして、ブログにはリンク集のページというのは、基本的に無いのでブログにリンクを貼ってもらうということは、必ずトップページからリンクを貼ってもらえることになります。
一番ページランクが高いところからリンクが貼ってもらえるのです。
対してTLSのトップページからリンクが返してもらえるかと言えばそうではなくて、スタッフブログからの相互リンクです。

タイ語関連のブログからリンクを貼ってもらうということは、そのブログから人がアクセスしてくれることを期待しているわけではありません。きっとそのブログからTLSに飛んでくる人はほとんどいないでしょう。そんなことはTLSも期待していません。

重要なのはタイ語関連のブログからリンクが貼られることによって、TLSのページランクが上がるということです。

実際に、TLSのトップページはページランク5です。
これはかなり高いページランクです。

そしてGoogleで「タイ語」をキーワードに検索するとTLSの順位は6位です。
SEO対策がうまくいっているということです。

ちなみに、Yahooで「タイ語」をキーワードに検索するとTLSは1位なのですが、これは2つ意味があります。
1つは上記のSEO対策がうまくいっていること。
もう1つはTLSはYahooカテゴリーに登録されていることです。
タイリンガルもYahooカテゴリに登録されていますが、それとは少し意味合いが違います。
TLSは商用サイトなので、Yahooカテゴリに登録してもらうのは有料です。(タイリンガルは無料です)
登録料は5万円(アダルトサイト、健康食品等のサイトは15万円)。

Yahooには歴史的な経緯から人力による「Yahooカテゴリー検索」と検索ロボットによる「ロボット検索」の二重構造になっています。
その構造の為なのか、Yahooでキーワード検索をすると「Yahooカテゴリ-」に登録されているサイトが上位にヒットする仕組みになっています。
しかもどうやら、有料でカテゴリー登録されたサイトが無料のカテゴリーサイトより上位に来る傾向が高い様です。
有料で登録されたサイトはスポンサー的な意味合いも持っているのでこれは当然かもしれません。

現在の世の中では検索エンジンで上位にヒットするということは、非常に重要な要素です。
世界的にはGoogleが圧倒的なシェアですが、日本ではYahooの方がまだGoogleよりシェアが上です。
実際に、数か月前までタイリンガルはYahooの検索順位が50位とか60位でしたが、Yahooカテゴリに登録されて以来10位近くになりました。

そうすると検索エンジンからサイトに来てくれる人がグンと増えるのです。

SEなのでSEOだとかそんなことをが日頃気になっていて、TLSのSEO対策をみて感心したのでちょっと書いてみました。
こんなこと書くとますますTLSから相互リンクのコメントがもらえなくなってしまいました。
まあ、このブログはページランクが高くないので別に良いのですが・・・。





ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
タイ・ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイリンガル」本サイトへ戻る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: TLSはSEOが良く分かっている

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tlin.jp/MT/MT-4.01-ja/mt-tb.cgi/163

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、タイリンが2008年10月13日 20:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「改善要求ありがとうございます」です。

次のブログ記事は「SEO対策の話題ついでに・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。