インディジョーンズVCDが99バーツ

タイの田舎(バンコク郊外)に住んでいます。
映画が好きなのだけど、日本語字幕のついたDVDを手に入れるのが困難なのが時々悲しいです。

仕方ないので、機会があれば英語字幕付きのDVDをまとめて購入することにしているのですが、最近はコンビニ(7-11)のVCDで我慢することも多いです。

で、最近発売されたVCDがこれ。
indij.jpg





















インディジョーンズの最新作です。
なんと、99バーツ!!
DVDも売ってるはずなんですが、値段が高いのでVCDで我慢我慢。
もちろん、正規版です。
しかし、正規版の映画が99バーツって・・・。

このインディジョーンズは特に安いですが、普通の洋画物も大抵200バーツ以下(120バーツだったり、160バーツだったり値段はバラバラ)で購入できちゃいます。
選択肢はかなり限定されてしまいますが・・・。

基本的にタイで売っている洋画(タイ国産以外の映画)は全部吹き替えが原則です。
字幕という考え方はありません。
字幕を見たければDVDを買うしかありません。
でもDVDは高い・・・。

そんなわけで、通常私は金銭的理由から強制的にタイ語吹き替えのVCDを鑑賞するハメになります。
いや~でも、インディージョーンズは面白かった。
これで99バーツはコストパフォーマンスが非常に高いです。

VCDを買う時はなるだけアクション物を買うようにしています。
タイ語が全部理解できなくても全然困らないので楽ちんなのです。

逆に一番鑑賞に困るのが歴史物の映画です。
パンラヤーがタイの歴史物のVCDを買ってきてたまに一緒に観ることがあるんですが、さっぱり理解できません。
なにやら「パヤカー パヤカー」と繰り返してます。
タイの歴史ものは王様やら王妃様など身分が高い人が頻繁に登場するので使われる単語も王語用語が多くて難易度がめちゃくちゃ高いのです。

そんなわけで、コンビニで気軽に購入できるVCD映画を我慢して鑑賞していると、何となく耳がタイ語に慣れてくる気がします。タイ語を勉強中の人は値段も手ごろなので試してみては?

しかし新作映画が99バーツは安い。さすがに正規版DVDでこの値段は出せません。(旧作の売れ残りならロータスとかで売ってますが)
日本ではブルーレイとか言ってるけど、タイではDVDどころかVCDの時代がまだまだ続きそうですね。



ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
タイ・ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイリンガル」本サイトへ戻る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: インディジョーンズVCDが99バーツ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tlin.jp/MT/MT-4.01-ja/mt-tb.cgi/169

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、タイリンが2008年11月10日 23:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タイ人にブログパーツを貼ってもらえました」です。

次のブログ記事は「コーラカンは平音 or 高音?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。