伏兵は意外なところからやってくる

ホリエモンのブログを読んで知ったのだけど、 Android 2.0携帯向けに無料のカーナビアプリが搭載されることになったそうです。

Google, 無料の音声ガイド付きカーナビをAndroid 2.0に提供
gmap-nav-rm-eng-dnp.jpg















ベースとなる地図データはもちろん「Googleマップ」なので、世界中のナビがこれ1つでカバーできてしまうことになります。

タイで車を運転していると、非常にわかりづらい標識にだまされることが良くあります。
特に郊外や地方へ行く場合、道路マップを持っていくのですが、道路マップには国道に番号がついていて(234号線とか)、それを手がかりに運転するのですが、運転していると、提示される標識にはこの道路の番号が入っていないことが多いのです。
単純に「~方面」とか書かれていて、こっちは国道番号を手がかりに目的地へ行きたいので、地名で書かれると地理感の無い日本人には非常に使いづらい標識です。

そんなわけで、タイにもカーナビってあるのかなって思って電気ショップで探してみたことがあるんですが、ほんのちょっぴりですがありました!
非常にしょぼーい、日本のカーナビに比べて5世代くらい遅れている奴が・・・。

まぁ、全然期待してなかったのでどーでも良いのですが、これから地図データが整備されて、日本のカーナビメーカーが徐々に参入してくるのかなぁ、と漠然と想定していたところに今回の記事です。

ITの世界では本当に予想外のところから解決策が提示されることがあります。
タイでカーナビ市場が成熟する間もなく、いきなりGoogleに解決されてしまったことに驚きました。
(ってゆーか、タイで使えるのか?今すぐは無理でも、そのうち使えるようになるんでしょう)

ITの世界ではパラダイムシフトは意外なところからやってくる、というお話でした。





ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
タイ・ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイリンガル」本サイトへ戻る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 伏兵は意外なところからやってくる

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tlin.jp/MT/MT-4.01-ja/mt-tb.cgi/196

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、タイリンが2009年10月30日 10:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世の中の無常を感じる」です。

次のブログ記事は「EBPocket for iPhone/iPod touchへの変換ツールを作ろうと思ったがあきらめた件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。