タイ文字を10倍早く入力する方法(Office IME2007の予測入力を試してみた)

さて、前回のエントリー


で、IMEにタイ語辞書を突っ込んでしまうという画期的な発明をしたにも関わらず特許を取り損ねた話を書きました。
今回はその続き。

今日のテーマはずばり!

Office IME 2007の予測入力を試そう!

です。
前回試したのはOffice2003にデフォルトでくっついてくるIME2003なんですが、2003に無くて2007にだけ有る便利な機能があります。

それが、「予測変換(Microsoftは予測入力と呼んでる。)」です。

予測変換って携帯で日本語入力するときに候補を表示して選ばせてくれるあれですね。

で、早速試してみました。

あ、その前にIMEのバージョンについて軽く説明しましょう。

VistaにもIME2007と呼ばれるなんちゃって2007が付いてきますが、このIMEには「予測入力」機能はありません。
Vista IME2007とOffice2007をインストールしたときに一緒にインストールされるOffice IME 2007は別物です

で、タイリンはタイに住んでるので、Office2007も入ってるんですが、英語版のOfficeです。
これをインストールしても、Office IME2007はインストールされないみたいです。
日本語版のOffice2007をインストールしないとダメみたいですね。

が、諦めるのはまだ早い。

実はOffice IME 2007ってのは無料でインストールする方法があります。

その方法とは・・・

って説明するのはここの本題じゃないので、

この辺の説明をみてください。

Windows Live IDを取得(無料)すれば、誰でもOffiice IME2007がインストールできます。
特に有効期限もありません。

で、とりあえずOffice IMEがインストール終わったので、タイ語辞書をIMEにインポートしてみました。

・・・・。


・・・・。


・・・・。

遅い。遅いでござーる。

ime2007import.jpg














↑がんばってインポートしてるところ。12万件くらいあります。

IME2003の時は一瞬で終わったインポートがいつまでたっても終わらない!
なぜ性能が退化する!?


なんとあり得ないことに5分くらいかかってようやく取り込みが終わりました。

で、早速使ってみます。
ポイントは、「半角英数」じゃなくて、「全角英数」を選ぶところ。

ime2007-1.jpg












IME2007になって、「直接入力」が無くなったみたいで、「半角英数」が「直接入力」みたいな扱いになった様です。
ちょっと見た目が不格好になりますが、仕方ありません。

気を取り直して、とりあえず前回と同じ「ran」を入力。(←後で気づきましたが前回は「ran」じゃなくて「rap」でした。ま、いーけど・・・。)

ime2007-2.jpg






↑ 「全角英数」なので見た目がちょっと不格好。

そこは目をつぶって、「変換」ボタンをぽちっと押すと・・・



ime2007-3.jpg




















前回と同じように候補が表示されます。

・・・が、なんというか・・・

ポップアップのタイ語が小さいよ!!
見づらいじゃないか!!!
しかも余計なスペース空けすぎ!!!!
「環境依存文字」とか余計なお世話じゃ!!!!!


・・・と、なんか最初から使いづらさ満載感が漂ってるんですが、とりあえずそこにも目をつぶりましょう。
何しろ「予測入力」という画期的な機能が付与されているのですから。

で、「予測入力」の恩恵を最大限に得るためにサンプルとしてちょっと長めのタイ語を選んでみました。

それは・・・

ยินดีที่ได้รู้จักครับ」(インディーティーダィルージャック クラップ)・・・初めまして、お知り合いになれて嬉しいです。

これです。
これを正統派方式で入力していたらちょっと大変ですね。
長い文章を打ち込むとスペルミスもあるかもしれません。

で、早速試してみました。


ime2007-4.jpg








「yinditidairujakrap」っと

あれ?

全部打ち込んでしまったぞ。
一体いつ予測入力してくれるの?

ここにきて、初めて「予測入力」の使い方について調べてみますた。

すると・・・

・・・なんと!!!



以前に入力した文章!!!

色々調べてみると、どうやらこの「予測入力」という機能は

「以前に3回以上変換したことのある単語について」

予測入力をしてくれるそうです。

 ガ━━(゚Д゚;)━━━ン! 

3回って・・・

それって意味あるのか!?


仕方ないので3回入れてみました。

ime2007-5.jpg












↑ 1回目。

無事変換できました(当たり前じゃ)。

2回目。

3回目。

そして運命の4回目!!

キタ━━━━ヽ(・∀・` )ノ━━━━!!!! 

↓これです。

ime2007-6.jpg













↑これ。
TIP UPで「TABキーを押すと予測候補を表示します」と表示されますた。

そして指示通りに「TAB」を押してみると・・・ ↓

ime2007-7.jpg
















予測変換キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

最初の2文字「yi」を入れた時点で予測変換が来ました!

・・・って遅いよ!!!!
3回も入力さすな!!!!

まったく。
携帯電話のIMEでさえ入力してない用語の予測変換できるのに、なぜPCのIMEがその程度のことできない?


というか、予測変換とか置いておいて、IME2007って本当に変換精度が悪いですね。
IME2003もひどかったけどさらに退化してない?

と、感じているのはタイリンだけじゃなく、実はマイクロソフトの元社長、古川氏もブログで同じこと言ってます。


某MS社員に、「MS IME最近どうなっているのよ?」と先週聞いた答えが...
「IME開発の主体が、中国にシフトしまっていて我々も手を出せない......
個人的にはATOKに切り替えようと思っている」と言う現役開発系社員の発言に絶句!!! 


MSの社員がATOKに乗り換えるって・・・・( ゚Д゚)ポカーン
しかし、IMEって中国で開発してたのか。
だから時々妙に難しい漢字が候補の上位に出てくるわけだ。


結論:Office IME 2007の予測変換のメリットは薄い、さらにIME2007自体の頭が悪すぎます




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
タイ・ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイリンガル」本サイトへ戻る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: タイ文字を10倍早く入力する方法(Office IME2007の予測入力を試してみた)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tlin.jp/MT/MT-4.01-ja/mt-tb.cgi/205

コメント(2)

IME2007の予測入力使えませんね。

私はそこで、IME2002で「近似予測入力法」なるものを作りました。

辞書の方を加工して、各単語の読み方を最初の3文字だけにした新しい辞書をつくり、IMEに追加します。
(元の読み方はそのままIMEに残っています)
たとえば、このように。

aro อร่อย
aro อารมณ์
aro อารมณ์ดี
aro อารมณ์เสีย

これをIMEに追加登録して、「aro」と打ち込んで変換すると、上の4行が全部表示されるので、その中から選択します。

場合によっては候補が10個以上になるので探すのが大変ですが、全文字打ち込むよりははるかに楽でしょう。

しかもIMEの学習効果で、よく使う候補はリストの上位に集まってくるので、使えば使うほど探すのが楽になってきます。

やり方は、

1.辞書の加工は、エクセルで、左3文字を取り出す関数を使えば、すぐできます。保存はUnicode textで。
(私のはエクセル2002英語版ですが、無料版辞書24000行なら読み込みはあっという間です)

2.IME登録のとき失敗単語がボロボロ出ますが、これは読み方を最初の3文字にしたため、「読み方+単語」の重複が発生したからです。本家は1個だけ登録されるので、気にしなくていいです。

タイリン :

IME2007は使えない上にタイ文字が見づらいんですよね。
IME2002 or 2003の方が使い勝手が良い気がします。

Windows7のIMEってどうなんでしょうね。
まだ、試してないです。

> 辞書の方を加工して、各単語の読み方を最初の3文字だけにした新しい辞書をつくり、IMEに追加します。

おぉ!なるほど。
3文字入力すればかなり候補がしぼられますよね。
アイディア次第でかなり便利になるものですね!

ちなみに、ATOKを調べていたら、希望に近い動きをしてくれることが判明しました。
まだ、パフォーマンスは未調査ですが。
有料版のPDICタイ語は15万件くらいデータがあるので、予測変換してもサクサク動いてくれるかどうか。

もしうまくいったらこの機会にATOKに乗り換えようと思っています。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、タイリンが2009年11月17日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タイ文字を10倍早く入力する方法(道半ば)」です。

次のブログ記事は「タイ文字を10倍早く入力する方法(ATOKの省入力変換は素晴らしかった)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。