開発の動機: 2008年1月アーカイブ

そういえば、今になって思えば前述の「Talk Now! はじめてのタイ語」で、私が役に立たないと思った要素の1つは、入門者の為のタイ語に関する解説が一切無い、ということでした。

こっちは、タイ語の右も左もわからないのに、いきなり問題を出されて「さあ解け」とやらされたのが、上記のソフトです。

対して我が「タイリンガル」は、親切な解説付きです。
・・・といいたいのだけれど、残念ながら同じ状況です。

今のところ最初の「あいさつ」部分だけ、単語の解説をつけてみましたが、それにしても単語の解説だけです。
そもそもタイ語とはどういった特徴を持つ言語なのか、入門者が学習するにはどういったことに気をつけたら良いのか、その説明がありません。

でもちょっとだけ言い訳させてもらえるのならば、Windows版「タイリンガル」は、「初級者~中級者」を対象とすると謳っています。
つまり、「入門者」は最初から対象に入っていなかったのです!

でもやっぱり言い訳してる気分になってきました。残念です。

そんなわけで、タイ語入門者の為のタイ語講座、称して
旅行者の為のタイ語会話講座

はじめました。




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
タイ・ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイリンガル」本サイトへ戻る

前回のブログタイトルにはウソがあります。
本当は、もうちょっと続きを書く予定だったのですが、長くなってしまったので記事を分けました。

で、こっちが本題です。
Windowsアプリ版「タイリンガル」の方はバグたっぷりとはいえ、一応動くので
それはそれとして、当初の希望だったネットでFlashの方に手をつけることにしました。
言い忘れていましたが、Webサイト公開の直前にようやく家にもインターネットという文明の利器がやってまいりました。
一応ADSLです。

で、本題のFlashでゲーム感覚的にタイ語が学べるサイトは、ちょっと考えてFlex2.0を使うことにしました。
これはFlashのお仲間で、Flashを使ったことが無いという開発者でも簡単にFlashベースの開発ができる!というのが売りの開発ソフトです。

これはかなり苦労しました。
何しろFlashの開発経験もないし、参考書も高くて買えません。
(紀伊国屋に行けば売っているかもしれませんが)

サンプルを見ながらgoogle先生に教わること約1週間と数日。
できました!

http://www.tlin.jp/WordLessonWeb.php?cat1=1&cat2=1

↑これです。画面の下の方に在るやつです。

当初私抱いていたイメージからすると、ちょっと、というかかなりグレードダウンしていますが、最初はこんなもんでしょう。
いきなり高い希望を抱いては完成前に挫折してしまいます。
ここから少しずつ改善していけば良いのです。

 

tlinwebsample.jpg
嬉しくなった私は、勢い余って「写真で覚える今日のタイ語」などという、あまり実用性の無いコンテンツもFlex2で作ってしましました。
しかも、ぜんぜん「今日の」じゃないです。アクセスの度に写真が変わりますから。
でもどうせほとんどの人は1日に何回もアクセスしないんだからこれで良いんです。

ちなみに、この↓「タイリンガル on Web(仮)」、当初は解説をつけてちょっとずつUPするつもりだったんですが、面倒なので全カテゴリUPしちゃいました。

http://www.tlin.jp/WordLessonWeb.php?cat1=1&cat2=1

なので、今のところ、解説は「基本単語」->「あいさつ」だけです。

問題回答後に表示される、タイ語レベルはタイの果物を使っています。特に意味はありません。
レベル表示は以下の通りです。

 正解率100%:タイ語レベル「ドリアン」
 正解率80~:タイ語レベル「マンゴスチン」
 正解率60~:タイ語レベル「マンゴー」
 正解率40~:タイ語レベル「パパイヤ」
 正解率20~:タイ語レベル「パイナップル」
 正解率1~:タイ語レベル「ココナッツ」
 正解率0:タイ語レベル「バナナ」




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
タイ・ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイリンガル」本サイトへ戻る

最初はWebでカッコ良く、Flashを使ってゲーム感覚でタイ語を学べるサイトを作る予定だったんですが、問題が1つありました。

それは、私がFlashを使ったことがないという事実です。
しかも、ここはタイランド。Flashの参考書も高くて買えません。
しかも、開発当時は引っ越したところで、インターネットも使えませんでした。これも致命的です。

しょうがないので、どうしようかと思案したところ手元にVisual Studio2005があったので
手っ取り早く、Windowsアプリケーションで開発することになりました。

私は日本で6年間SEをしていましたので、VS(Visual Studioの略です)の開発は慣れたものです。
・・・が、普段はWebアプリばかり開発してたので、Windowsアプリには慣れていません。

まあ、いいや。
なんとかなるだろうと思ってネットの使えない環境で試行錯誤をはじめたのが11月の半ば。
ネットが使えないのは本当につらかったです。

MSDN(VSの開発マニュアルです)だけを頼りに開発を始めて数日。
完成しました!

なんで、そんなにすぐ完成したかというとそこには深い理由があったのです。
うそです。
バグチェックをしてないからです。
例外処理もほとんど入れていません。
すみません・・・。
何しろネットが使えなかったのです。(時間のあるときにちゃんと例外処理も入れておきます)

とにかくタイ語を学習したい学習者のお役に立てるよう、動くものを完成させることを優先させました。
ということにしておいてください。

とにかく一応完成です!(ベータ版ですが)
ここで利用者の皆様には1つ謝罪しないといけないと思っていました。
開発環境にVisual Studio2005を選んだときから、うすうすとそんな気はしていたのですが、案の定というか当たり前ですが実際にソフトを動かす為には、.netframework2.0をインストールしないといけません。

これはお手軽に使えるソフトを使っていただくという目的の前に大きな問題です。
何しろダウンロード→インストールが面倒だし、.netframeworkというのはファイルサイズが大きいのです。
タイでダイヤルアップしてる方には厳しいかもしれません。

とはいえ作ってしまったものは仕方ありません。
それは次回の課題として、とりあえずWebサイトを構築。
これはフリーのテンプレートを利用して数時間で完成です。
ソフトをダウンロードしてもらうことが目的だったので、これで良いのです。
一応Vectorにも登録して(こんなバグいっぱいのソフトを公開していいのかな?)、公開したWebサイトはタイ系のリンクサイトにも登録してもらいました。




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
タイ・ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイリンガル」本サイトへ戻る

私は日本に居て英語の勉強をしているとき、パソコンの英語学習ソフトを使って勉強をしていました。

何しろ語学の才能が無いことはわかっていたので、本を読んでもちっとも頭に入りません。

いくつかのソフトを試したところ、そのおかげかわかりませんが、TOEICのテストでもそこそこの点数を取ることができるようになりました。

 

そういえば、パソコンのソフトを使って何かを学習するきっかけになったのは、私は日本でSEという仕事をしていましたので在るとき資格を取ろうと思いついて、データベースの世界で一番人気だった「Oracle Master」という資格に挑戦することにしました。

本を読むだけではなかなか頭に入らない上に、そもそも私は当時Oracleを使ったことがありません。
いろいろ調べていくと、パソコンの試験対策ソフトで「iStudy」という有名なソフトが存在していることを知り、早速試してみたところ、その効果は絶大。見事7つの試験を(上位資格のプラチナが欲しかったので7つの試験を合格する必要があったのです)一発で合格することができました。

それに味を占めて以後は何かにつけて学習したいときはパソコンのソフトに依存する体質が身についてしまったのです。

で、本題ですが、タイ語を勉強するに当たって当然の様にパソコンソフトを探してみると、タイ語は英語に比べてマイナーな言語だけに、それほど多くのソフトが存在していません。

というより、ほとんど唯一存在していたのがインフィニシス社の「Talk Now!」というソフトです。
これはシリーズになっていて入門編から上級編まで存在しているようなのですが、私が最初に試したのはもちろん入門編の「Talk Now!はじめてのタイ語」です。

何しろその時はまだ日本に居て、タイは旅行で来た程度、タイ語も本を1冊、2冊買って学習しようとチャレンジしたものの、前述の通り語学の才能が無く、長続きしません。
語学の才能というか、要はじっと机に向かって一人で本を読むのに耐えられないだけなのですが。

で、早速購入してみるとこれがひどいソフトであることに気づきます。
なにがひどいかというと具体的には忘れてしまいました。

それではさすがに無責任なので、今手元にCDがあるのでちょっと使ってみます。
・・・はい、やっぱりひどいです。

何がひどいかというと、結局はまったくタイ語を学習する作りになってないのが問題だと思います。
このインフィニシス社はタイ語ソフトだけ作ってるわけではなくて、韓国語やら中国語、スペイン語など様々な言語でこのソフトを使いまわしできるように、単語や会話のチョイスも汎用的なものばかりです。

しかも、ちょっと間違ってます。
今ぱっと使ってみた限りでは、例えば「基本単語」->「すみません」のタイ語訳が『เสียใจ(シァジャィ)』になっています。
そんなわけないですよね。
普通は「すみません」は『ขอโทษ(コートート)』のはずです。

他にも突っ込みどころが満載だった気がするのですが、具体的には忘れてしまいました。
暇でお金のある人は自分で試して突っ込んでみてください。

Talk Now! はじめてのタイ語
インフィニシス (2003/07/18)
売り上げランキング: 3283
おすすめ度の平均: 5.0
5 つっこむところいっぱい。でもおもしろい!

 

で、他に良いソフトを探してみても見つかりません。
仕方が無いので、タイに来てタイ語学校に通っているうちに、ソフトのことはすっかり忘れてしまいました。

何しろタイは先生の授業料が安いので(もちろんグループレッスンです)、英会話学校のように高い授業料に怯えながら勉強する必要もありません。

そんな感じで語学学校も終わり、これからどうしようと思案しているときにせっかくタイ語を学んだのだからWebでタイ語を使ってなにかしよう、でも、タイ語サイトは既に山のように存在しています。

そこで、思い出したのがタイ語学習ソフトでろくな物が存在しない、という事実でした。
で、前置きがかなり長くなって申し訳ないのですが、開発したのがこの「タイリンガル」です。

今のところ、学習できるのは単語だけ、しかも音声なし、という状況なのでまだまだろくでもないタイ語ソフトの1つに過ぎませんが、まだ開発途中なのでこれから改善する余地大です。
暖かく長い目で見守っていただけると幸いです。

まだ、試したことの無い方はここからDLして一度お試しください。
(↓)ソフトの画面イメージです。

%0




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
タイ・ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

「タイリンガル」本サイトへ戻る

このアーカイブについて

このページには、2008年1月以降に書かれたブログ記事のうち開発の動機カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは開発の動機: 2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

開発の動機: 2008年1月: 月別アーカイブ